< 戻る

Q10.昨年ワクチンの接種を受けましたが今年も受けた方がよい?

季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの研究から、ワクチンの予防効果が期待できるのは、接種した(13歳未満の場合は2回接種した)2週後から5カ月程度までと考えられています。

また、インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造されています。このため、インフルエンザの予防に充分な免疫を保つためには毎年インフルエンザワクチンの接種を受けた方がよい、と考えられます。

< 前へ | 次へ >

< インフルエンザ Q&Aへ戻る

ママが知りたい!パパも知りたい!気になる話のネタ