< 戻る

iPhoneとAndroidってどう違うの?

いろいろな種類があって、どれを選んだらいいのか迷う方も多いのではないでしょうか?
別のキャリアや他機種に変えてみたいという方、そろそろ買い替えを考えている方はぜひ参考にしてくださいね

そもそもスマートフォンって?

昔から使われていた携帯電話は「ガラケー」、「フィーチャーフォン」と呼ばれており、
それらの携帯電話よりも高精細な画面で多機能な携帯電話が「スマートフォン」です。
「スマホ」はこの「スマートフォン」の略称です。
「スマホ」は画面を直接タッチして操作するものが主流ですが、従来の携帯電話のようにキーボードを備えた機種もあります。

スマホってどんな種類があるの?

大きくは
★Apple社の開発したiOSを搭載したiPhone端末
★Google社の開発したAndroidOSを搭載したAndroid端末

の2種類があります。

「WindowsとMac」、「犬派と猫派」のようなものですね。
「インターネットやメールをパソコンのように利用する」「アプリで機能を拡張する」といった基本的な使い方は両者とも大きな違いはないと思って大丈夫ですが、それぞれ強みとなる部分は異なっています。

一部のメディアではiPhone端末を「iPhone」、Android端末を「スマホ」という呼称が使われていますが、スマホ(=スマートフォン)はこの両者を指します。

強みってどんなの?

それぞれ代表的なものを箇条書きで並べてみました。

iPhone端末の強み
規格が全世界で統一されており完成度が高く一貫したデザインとクオリティがある
元の状態のままでも操作が直感的でわかりやすく、動作もスムーズ
iOS同士の機種変更であれば買い替えても操作感は変わらず、データの移行も簡単
端末の規格が統一されているためケースや付属品のアクセサリーが豊富
iPod機能も備えているためiTunesで音楽の管理が容易
ウイルスなどのセキュリティの心配が少ない
アプリに一定のクオリティがある
Android端末の強み
端末が多種多様で選択肢が多く、機種を選ぶ楽しみがある
使いこなせれば、カスタマイズの自由度が高く自分好みの設定にすることができる
MicroSDカードで記憶容量の拡張ができる
マニアックなアプリがあるかも

じゃあ弱みってあるの?

こちらも代表的なものを箇条書きで並べてみました。

iPhone端末の弱み
日本語の変換が弱い
カスタマイズの自由度が低い
外部SDカードにデータを記録することができない
ガラケー特有の機能(ワンセグ・赤外線通信・おサイフ携帯・デコメ・防水等)が使えない
Android端末の弱み
端末の選択肢が多いだけに残念な機種もある
端末の種類が多い分、ケースや付属品の選択肢が少なめ
音楽の管理に手間がかかる

使えるアプリって違うの?

互換性がないためiPhoneでAndroid用のアプリを使用することはできません。
AndroidでiPhone用アプリを使用することもできません。
ですが、人気アプリは両OS用に作られているものもあります。

iOSを搭載したiPhone端末はApple社の審査を通ったアプリしか公開されないため、全体的なクオリティは保たれています。
悪意を持ったアプリが審査をすり抜けてしまったことが過去にあるため、どのアプリも100%安全!とはいきませんが、安心感はあるのではないでしょうか。

Androidは開発者が自由に公開できるため、多種多様なアプリが揃う反面、クオリティの低いものもあります。
(良くいえばマニアックなものまであります)
auのスマートパスのように、携帯会社独自のアプリマーケットもあります。

どこで買うのがいいの?

一般的な購入先としては
「キャリアショップ」「携帯専門店」「家電量販店」「ネット通販」があります。

新製品に関しては値段に大きな差はあまりないようですが、家電量販店で本体代金を分割ではなく購入時に一括で支払うとその分のポイントが付く場合があります。

型落ちの製品はキャンペーンや値下げをしている店舗もあるので一度覗いてみてはいかがでしょうか。

また、年末や年度末は新生活商戦となり他キャリアへの転入(MNP)でキャッシュバック!というキャンペーンが多く見受けられます。

維持費ってどれくらいかかるの?

従来の端末(ガラケー、フィーチャーフォン)との本体の価格差はあまりありませんが
大量のパケット通信を前提としたつくりになっているため、パケット定額サービスへの加入がほぼ必須になり、“電話とメールがメインでパケット定額サービスには加入していなかった人”にとっては負担が増える形になります。

また、ショップや携帯メーカー独自の携帯端末本体を保証するサービスもあります。

契約の際にオプションでつけてしまったサービスがある場合は、随時見直して必要のないものは解約をしていきましょう。

まとめ

iPhone端末とAndroid端末は同じスマートフォンではありますが、それぞれの方向性が異なります。

キャリアの問題などもあるかと思いますが、自分の目的に合ったものを利用することをお勧めします。

iPhone:パソコン操作にあまり自信がなくカスタム不要で使いたい方、安全性を重視する方向け
Android:好きなようにカスタマイズして個性を出したい方、よりPCのように使いたい方向け



近日、『Android端末を買うならガイド』を公開予定です。お楽しみに!

ママが知りたい!パパも知りたい!気になる話のネタ