< 戻る

姑が怖いなんて今や昔?嫁姑戦争に勝利する方法、教えます。

今の20〜30代の嫁は、男女平等という教育を受け、学校を卒業すれば仕事をして稼ぎを持っているのがふつう。それに比べ、姑の世代の「ふつう」は三つ指ついてどこまでも。 こんな女性の生き方のちがいが嫁姑戦争のあり方を変えようとしているようです。

テレビドラマ『おトメさん』(毎週木曜・テレビ朝日系)では、嫁を演じる相武紗季さんと姑を演じる黒木瞳さんが、毎週コミカルに戦っています。
さてその結末やいかに?

嫁姑戦争に勝利する方法3パターン

ゴールデン枠のテレビドラマなので、最終回はおそらくハッピーエンドで終わると思われますが、上述したような“世代のギャップ”から、以下のような嫁姑戦争とその解決法がドラマの中に出てくるかもしれません。

嫁姑戦争の勝利の方程式とは?

嫁姑の戦争は、ご存知のとおり昔からあります。姑は息子がかわいくてしかたなく、同時に暇なので(失礼!)、嫁の想定の範囲を超えた戦争が勃発するのが常です。

ひとつ言えることは、姑に悪気はないということです。ここがまた厄介なところですが、すべてにおいて感情的にならずしれっとやり過ごすことが勝利への道ではないでしょうか。世の中、何事につけ、先に怒ったほうが負けるのです。

1.自由奔放すぎる嫁 >

ママが知りたい!パパも知りたい!気になる話のネタ